チャットでスムーズに業務報告「どんな場面で役立つの?」

>アーカイブ>業務報告にはチャットが便利!便利な機能をフル活用

チャットで出来る共同作業

うまく仕事をこなすためには「報連相」を大切にしなくていけません。業務で成果を出すためには、早めに報告・連絡をすることが大切です。そういったときに便利なのが、業務報告に使える社内チャットです。社内チャットには、様々な機能がついているため、下記のリストを参考にどういった場面で使うことができるのか確認しておきましょう。

作業効率に役立つ機能

  • 参加している複数の人とチャットができる「ルーム」
  • コンタクト追加した相手と一対一で会話ができる「コンタクト」
  • 他ユーザーの現在確認に便利な「在席状態」
  • やるべきことを管理できる「タスク機能」
  • 仕事の進出状況が確認できる「スケジュール管理」

どんなふうに使えるの?

業務で活用できるチャットは様々な活用方法があります。どんなことに活用できるのか一緒に見ていきましょう。

業務報告チャットの活用方法

吹き出し

情報共有がスムーズ

業務報告に使えるチャットは、送ったチャットを相手が呼んでいるかどうか確認することができ、ルームを選択することで同時に複数の人に同じ内容のチャットを送ることができます。このように、メールの非効率性を解消し効率的にすることができるため、情報共有時に便利なのでしょう。

大事な資料を安全に共有できる

メールでは送信することができない、大容量のファイルでもチャットなら直ぐに送ることができます。また、送信時には通信の暗号化や個人認証といった方法でファイルを守ることができるため、セキュリティ面でも安心して利用することができるでしょう。

リアルタイムを映像や写真で共有できる

手持ちのスマホなどで撮影した写真や動画を、チャットで送信することができるため文章や声で説明するのが難しい現場状況をスムーズに伝えることができます。ビデオ通話も可能なため、リアルタイムの状況をその場で報告することも可能でしょう。

業務報告にはチャットが便利!便利な機能をフル活用

チャット

業務報告チャットで「報連相」がスムーズに!

業務を効率的に行なうためには、便利なシステム機能も必要ですがチームや社員全体でしっかりと連絡を取り合うことも大切と言われています。しかし電話やメールだと、なかなか繋がらない・複数の人と一度に会話ができない・返信忘れなどのミスやトラブルが発生してしまう可能性があると言われています。しかし、業務報告に使えるチャットなら、一度に複数の人と会話をすることができ、すぐに報告・連絡をすることができます。その他にも、業務に必要な資料をチャットで送ることもできるため、スムーズに連絡を取り合うことができるでしょう。